2018年10月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 2018/10/26(金)00:20:06 ID:Bhq
    ギター何がおすすめ?

    【ピアノとギターとDTMを始めて音楽系ユーチューバーやっていい?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 2018/10/25(木) 22:00:55.68 ID:CAP_USER9
    [2018年10月25日19時0分]
    坂本龍一、音楽界の偉人バッハには「絶対勝てない」

    音楽家の坂本龍一(66)が25日、千葉・浦安市の舞浜アンフィシアターでトークショーを行った。

    米車メーカー「FCA」のジープ型車種「ラングラー」が11年ぶりにフルモデルチェンジをした発表会。「車の発表会は初めて」と言いながらスタートした。

    ジープのコンセプトが「自由」だということを引き合いに、自身の音楽の「自由」に言及。「文章の『てにをは』や『起承転結』のようなものが音楽にもある」と説明し、「長く音楽をやっていて飽きちゃった。同じようなことをやっても面白くない。古いものを参照しながら新しいものを作る。自分を信じてね」と話した。

    昨春、8年ぶりに発売したソロアルバム「async」が、その思いを形にした作品だという。「文法、形式、決まりごとは頭に入っているが、自分の文法、自分の言葉で作った」と自信を見せた。

    また、バッハなどの音楽界の偉人については「同じことをやっても勝てないから別の道をいく」として、「絶対に勝てない偉人は…無視する」とジョークで笑わせた。


    トークショーを行った坂本龍一(撮影・松本久)
    no title


    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201810250000809.html

    【坂本龍一、音楽界の偉人バッハには「絶対勝てない」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 2018/10/26(金) 09:41:42.85 ID:CAP_USER9
    1983年9月21日にデビューし、92年に解散した7人組ロックバンド・チェッカーズの元メンバー、武内享(ギター)、大土井裕二(ベース)、藤井尚之(サックス)にバンド・アブラーズが、結成15周年を迎え、24日に大阪・なんばHatchで『アブラーズライブ2018 "Roots Of Groove』を開催した。
    そこにチェッカーズのリードボーカルで、ソロ歌手として活動している藤井フミヤがゲスト出演。
    4人ともデビューしてから35周年の節目をともに祝った。

    デビュー当時、最年少18歳だった尚之でさえも53歳。
    武内は56歳、大土井は55歳になり、年齢の話から武内は「昔話をするなら、俺よりも年上を呼ぶしかない」と、武内の10日前に生まれたフミヤをスペシャルゲストとして呼び入れると、場内は割れんばかりの歓声に包まれた。

    MCでは、35年の思い出と感謝をトークにのせた。
    チェッカーズのデビュー当時、「スーパーアイドルだった頃」(フミヤ)の楽曲の中で「何が好き?」(武内)という話になり、武内は「意外と、『あの娘とスキャンダル』が好き。ポップだったと思う」。
    ほかの3人は「ジュリアに傷心(ハートブレイク)」を推した。
    さらにフミヤは「いまとなっては『ギザギザハートの子守唄』も好き」といい、武内も「当時は抵抗あったけど、いま聴くとかっこいい」などと話していた。

    このトークの流れで、「涙のリクエスト」を演奏。
    さらに解散した年の夏に行った全国ツアー『Blue Moon Stone』のセットリストから「Hello」「運命-SADAME-」「誰もいないweekend」をメドレーで披露し、最後にフミヤが作詞、武内が作曲した「お前が嫌いだ」で会場を沸せた。

    曲間のMCでは、何かと「老い」をネタにしながらも、磨いてきた演奏技術をもって全力でパフォーマンス。
    「久しぶりにアブラで音を出すととっても楽しい」(武内)と、3人とも充実した表情を見せていた。
    アンコールの最後では再びフミヤが登壇し、チェッカーズの「BLUES OF IF」を演奏して、スペシャルな夜は幕を閉じた。

    アブラーズの面々は「あっという間の35年。
    これから何年続けられるかわかりませんが、死ぬまでと言っていおきたい」(尚之)、「3人とも音楽をやめることはないだろうし、俺らも解散する理由がない」(武内)、「健康には気をつけて。病気のないように頑張っていきたいですね。皆さんも」(大土井)と、ファンとの再会を期していた。
    アブラーズは、来年2月の終わりから夏にかけてツアーも決定している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181026-00000341-oric-ent

    デビュー35周年、結成15周年のアブラーズ。大阪・なんばHatch『アブラーズライブ2018 "Roots Of Groove』の模様
    no title


    チェッカーズ
    no title

    【デビュー35周年 フミヤ、トオル…元チェッカーズの4人が再集結「音楽をやめることはない」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 2018/10/25(木) 22:04:25.37 ID:CAP_USER9
    2018/10/24
    あいみょん、“全編船上ロケ”で描いたドラマ『獣になれない私たち』主題歌MVを公開

     あいみょんが11月14日にCDリリースする6thシングル『今夜このまま』の表題曲のミュージック・ビデオが公開された。

     「今夜このまま」は、現在放送中の新垣結衣&松田龍平がW主演を務める日本テレビ系ドラマ『獣になれない私たち』の主題歌であり、軽快なアコギのストロークに乗る、フォーク/歌謡曲調のメロディーに、グルーヴ感のあるビートを組み合わせたあいみょん節の楽曲。今回のミュージック・ビデオは、公開から約3か月で1,000万再生を記録した「マリーゴールド」に続き、山田智和が監督を担当した。

     同MVは、東京の街を船に乗りながら浮浪するあいみょんの姿を描いた「全編船上ロケ」で敢行。映像のスタートは船の上で寝そべりながら物思いにふける姿からはじまり、一隻の船の上でのあいみょんの姿を終始映しながら映像は展開していく。船の上でランプを持ちながら歌う姿や、映像の終盤では海の中に潜っていく姿も描かれているなど、随所に様々な表情が散りばめられており、楽曲の世界観に寄り添いながら今までの作品では見ることのなかった妖艶で美しい、あいみょんの新しい一面を見ることができる。

     また、10月24日0時からは各配信ストアにて「今夜このまま」の先行配信もスタートした。


    ◎あいみょん コメント
    山田監督とは前作のマリーゴールドに続き2度目で、今回も監督の好奇心や熱を感じながら撮影できたと思います。水面と水泡に揺られて、グラスの中にいる気持ちでした。そのまま眠りたかったです。

    ◎山田智和監督 コメント
    誰も流れていく風景を止められない。
    光からも、現実からも目を背けることができない。
    あいみょんの歌が待つ日常への溢れる愛情が、
    街が持つ歴史や記憶に結びついて、景色をより鮮やかに照らしていきます。
    平成の最後にどうしてもこの映像を、あいみょんと撮りたかったのです。
    このビデオが、未来への贈りものになります。

    ◎リリース情報
    シングル『今夜このまま』
    2018/11/14 RELEASE
    WPCL-12971 1,080円(tax in.)
    1. 今夜このまま
    2. 猫(2018.10.7 Live at 上野恩賜公園 野外ステージ)
    3. 風のささやき(2018.10.7 Live at 上野恩賜公園 野外ステージ)
    4. 今夜このまま(Instrumental)
    >>12Pブックレット付き、スリーブ仕様


    あいみょん - 今夜このまま【OFFICIAL MUSIC VIDEO】
    https://www.youtube.com/watch?v=mH6LoI63buY



    あいみょん
    no title


    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/69032/2

    【あいみょん、“全編船上ロケ”で描いたドラマ『獣になれない私たち』主題歌MVを公開 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 2018/10/26(金) 01:16:07.374 ID:w9q+J6WYa
    外国人の友達みんな知ってるわ
    エドシーランレベルの知名度
    とりあえず日本の音楽といえばワンオクになってる

    【ワンオクの海外での知名度すごいな 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 2018/10/26(金) 11:25:24.01 ID:CAP_USER9
    https://www.oricon.co.jp/news/2122173/full/
    2018-10-25 23:01


    1980年代に人気を博し、92年に電撃解散した男女ツインボーカルバンド「BARBEE BOYS」(バービーボーイズ)が25日、東京・NHKホールで一夜限定復活した。メンバー5人そろってのライブパフォーマンスは、2010年3月7日の東京・日本武道館公演以来8年ぶり。観覧応募総数は過去最多となり、約30倍の高倍率をくぐり抜けて集まった強運な観客3000人を興奮させた。

    84年に「暗闇でDANCE」でメジャーデビューしたバービーボーイズは、KONTA(Vo/Sax)、杏子(Vo)、いまみちともたか(G)、ENRIQUE(B)、小沼俊明(Dr)からなる5人組。シングル「目を閉じておいでよ」、アルバム『LISTEN!』(87年)、『Black List』(88年)、『√5』(89年)などのヒットを連発し、92年1月に解散。2009~10年3月にかけてはデビュー25周年を記念してライブ活動を再開していたが、今回、8年の沈黙を破って帰ってきた。

     復活ステージとなったのは、NHK BSプレミアムの音楽番組『The Covers』が年に一度、開催している『The Covers’Fes.2018』(公開収録)。司会のリリー・フランキーは「『Coversフェス』のために集まっていただきました。『SONGS』でいいのに! 『紅白』でいいのに!」とNHK総合の音楽番組の名前をあげて観客を笑わせた。

    暗転したステージにバービーボーイズが登場すると割れんばかりの拍手が沸き起こり、メンバーそれぞれを呼ぶ歓声が飛び交うなか、代表曲「目を閉じておいでよ」からスタート。杏子はかつてのようにスカートの裾をたくしあげてくるくるとターンして沸かせ、続いて「女ぎつねon the Run」へ。KONTAのサックスが復活を告げるファンファーレのように響き渡ると、KONTAと杏子のツインボーカルが絡み合い、イマサ、エンリケ、コイソの演奏力も健在。ステージ脇で観ていた司会のリリーと池田エライザ、出演者の向井秀徳、TOSHI-LOWも大興奮し、嵐のような喝采が鳴り止むことなく続いた。

    息の合った熱い演奏後、いまみちが「おととい久々に会って」とリハーサルをしたことを明かすと、杏子は「ライブが多かったバンドだから体に染み付いてる」とにっこり。続けて「私はバービーをやりたいんですけど、男子がどう思うかなと思ったらOKとなったのでびっくりして」と告白すると、KONTAは「スケジュールが合ったんじゃないですかね」ととぼけ、小沼は「俺はやることに決まったからって言われた」と暴露して観客は大爆笑した。

    終演後には司会の2人とバービーボーイズの5人が報道陣の取材に応じた。いまみちは「お客さんの前で生演奏する機会に呼んでもらって非常にありがたかったです。スタジオでカメラに向かってやるのと違うので」と感謝し、KONTAは「リハのときに聞いたら、出演者の方がうちらが今日演る曲をカバーしようと思っていたらしいと聞きまして、カバーされる時代になったんだなと感じました」としみじみ。杏子は「ライブバンドなのでお客さんの前でライブできたのがめちゃめちゃ楽しかったですね。もっとやりたかったなぁ…という感じもします」と余韻にひたった。

    エンリケは「記者会見初めてだね」と笑いつつ、「昔からのファンの人たちがハガキを出して争奪戦でいっぱい来てくださって、本当にうれしい。懐かしい顔も客席にいっぱいいた」と喜び、小沼は「出演が決定してから約1ヶ月。この4人とは違って僕は現役ミュージシャンではないので、コンディションを整えたり、軽く練習したり、最初は散歩から始めましたけど(笑)ライブができてよかったなと思いました。お声がけいただきありがとうございました」「もっと練習してきます」と前向きな発言。リリーは「出演者にとっても特別な夜になりました」と感激していた。

    この模様は11月30日に放送予定(後10:00~11:29)。バービーボーイズはテレビ番組出演も8年ぶりとなる。ほかに、OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND、シシド・カフカ、田島貴男(ORIGINAL LOVE)、向井秀徳、Little Glee Monsterが出演した。

    no title

    【バービーボーイズ8年ぶり復活ステージ 喝采鳴り止まず 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 2018/10/26(金) 01:25:10.73 ID:CAP_USER9
    シンガーソングライターのaikoが10月22日の神戸公演を、ライブの途中で中止する一幕があった。原因はライブの途中で声が枯れて歌えなくなったため。

    aikoは公演中止後の22時33分にツイッターにてファンへの謝罪を表明。「わざわざチケットを買って観に来てくれたみなさんに申し訳ないのと私も悔しくて死にそうです」と正直な気持ちを打ち明け、その対応にファンも感激しているようだ。

    「aikoサイドでは早くも翌日に、12月11日の振替公演を告知。会場も同じ神戸国際会館を押さえ、中止公演と同じ形で開催できるように配慮しました。その姿勢は、10月17日にさいたまスーパーアリーナでのコンサートを客入りの悪さを理由に中止した沢田研二とは対照的。振替公演についても沢田側は異なる会場での2回公演となっています。会場の都合は仕方ないにしても、ファンに対する対応の違いで明暗が分かれた形です」(芸能ライター)

     ただ沢田の公演中止に関して熱心なファンからは沢田に同情的な声も聞かれ、「ジュリーらしい」との声も少なくない。それは真摯な対応に徹したaikoにしても同じこと。そんな2人に対して、公演中止を徹底的に叩かれたアーティストがいるという。芸能ライターが続ける。

    「2017年11月17日の仙台公演を開演20分前になって“ドタキャン”した
    浜崎あゆみです。しかも中止が発表されたのは開場後で、多くのファンはすでに会場内に入っていたため狐につままれたような状態に。

    来場したファンからはもっと早く中止を発表してほしかったとの声が続出しました。
    中止の理由は急性気管支炎による体調不良でしたが、公演の10日前には海外でバカンスを楽しんでいる様子をインスタグラムにアップしており、そもそもの体調管理ができていなかったのではという批判も続出したのです」

     しかも翌年2月13日に開催された振替公演を巡っては、ファンクラブ「TeamAyu」向けのダイレクトメールにて2月8日開催との誤った案内を送信するというオマケまでつく始末。それに比べれば沢田の公演ドタキャンはまだ、マシだったのかもしれない。

    (白根麻子)

    アサジョ2018年10月25日10時15分
    https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_60954/

    【沢田研二やaikoよりも、ライブ中止で叩かれまくった歌手がいた!しかも中止が発表されたのは開場後 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 2018/10/26(金) 07:44:33.82 ID:HEQUHGocM
    被害者の怒り「ロリコンの彼は、高校卒業した私を棄てた」

    「Tomoyaは、私が高校生の時は毎週メールをくれるくらい大切にしてくれたのに、卒業したら会ってくれなくなった。
    去年、インスタグラムで結婚を発表した時、『どういうこと?』と思って連絡したけど返事は来ないし、
    電話しても出ない。私に女子高生というブランドがなくなったから、もう顔も見たくないみたいです」

    こう怒るのは、関西在住の国沢あゆみさん(仮名・23)。
    彼女がTomoyaと知り合ったのは、’11年8月のことだった。

    「当時私は16歳で高校2年生でした。ミナミで会員制のバーを経営する知人から
    『ワンオクのライブの打ち上げをするから来てくれへん』と呼び出されたら、そこにメンバーの4人がいたんです。
    お酒を飲んで盛り上がった後、Tomoyaが来て、『俺、そろそろ部屋に戻るけど、来ーへん?』って。
    ホテルに行ってセ○クスしました。

    あゆみさんが、「私、本当は16歳で高校生なんです」と言うと、
    「ああそうなん。でも、言わへんかったらわからんやろ」と気にする様子はなかった。
    2度目に会ったのはその年の11月。

    翌年’12年3月、彼女がメールで自分の誕生日を知らせると、「まだ17歳か(笑)」と返信が来た。
    彼はあゆみさんが高校生であることを知りながら関係を続けていたのだ。

    その後も、あゆみさんとTomoyaは12年8月、13年4月と会い、セ○クスをしていた。
    あゆみさんがTomoyaと直接会えたのは、この13年4月が最後だった。

    「好意は何度も伝えました。でも、そのあと会ってくれず、連絡もない。きれいに終わらせてくれたら良かったんですが」

    10月26日発売のFRIDAY最新号では、Tomoyaの「淫行」現場写真や、Tomoya本人への直撃取材の様子を詳しく報じている。

    no title

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181026-00010000-friday-musi

    【ワンオク、女子高生と淫行。しかも高校卒業したらポイ捨てする徹底したロリコン 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 2018/10/24(水) 23:44:06.478 ID:Mf5sx6T1a
    ブランキージェットシティじゃね?

    【日本最強のロックバンドって 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 2018/10/25(木) 20:37:48.48 ID:OVPG2Q9Z0

    【ドラムが有能なバンド←何が思いついた? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 2018/10/25(木) 20:45:31.285 ID:13E+JSyEa
    聴くからお願い

    【おまえら聴いてるオススメの音楽教えて(アニメ除く) 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 2018/10/25(木) 19:51:56.33 0
    ONE・OK・ROCKのドラマー「16歳女子高生との淫行」現場写真
       ◆ ロックバンドONE・OK・ROCK、ドラム・Tomoya
    http://www.zasshi.com/zasshiheadline/friday.html

    【【悲報】ワンオクメンバーがJK淫行をフライデーされるwwwwwwwwwwwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 2018/10/25(木) 20:01:39.727 ID:Cf+OfHrw0
    この発想が消えるだけで日本のオリコンってめちゃくちゃレベル上がると思うんだがな

    【日本の音楽リスナーの大半はなぜ「サビが地味=駄曲」という発想なのか 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 2018/10/25(木) 12:18:01.27 0
    東大京大はもちろん早稲田や慶應レベルもいなくね?

    【高学歴の歌手っていないよな? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 2018/10/25(木) 05:02:38.34 ID:CAP_USER9
    10/25(木) 5:00 スポニチアネックス
    三浦大知 劇場版「ドラゴンボール超」主題歌で初の世界進出「本当に幸せ」

     歌手の三浦大知(31)が劇場版「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」(12月14日公開)の主題歌を担当することになった。同作は欧米、アジア各国などで公開が予定されているだけに、三浦にとって初の世界進出となる。

     アニメ映画の主題歌は初めて。脚本を読んだ上で歌詞を書き下ろした。タイトルは「Blizzard(ブリザード)」。主人公の孫悟空が宿敵ブロリーと戦う舞台が氷の世界であることから、猛吹雪を意味する曲名とした。

     ファンの間で伝説、神格化していたブロリーが本格登場するとあって、世界中の注目を集めている今作。海外市場を念頭に置いた映画製作を進める中で、林田師博プロデューサーは「ワールドクラスの歌唱力とダンスを持ち合わせている三浦さんをいの一番に思いつき、オファーさせていただいた」と起用理由を説明した。

     劇場版は今作が20作目の節目で「超」シリーズでは初めて。「ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦」など93~94年の3作に登場したブロリーを、原作の鳥山明氏が新しい一面を加えてリニューアルさせるため、国内外の「ブロリスト」(ブロリーファンの愛称)が期待を寄せている。

     北米、カナダでは来年1月16日、その後、アジア、欧米、南米の各国で公開が予定されている。主題歌は12月19日にシングルで発売される。

     幼少期からドラゴンボールをアニメで見ていた三浦は「子供のころに出合った作品の中で、自分の音楽が鳴るというのは本当に幸せなこと」と感激。11月14日に東京・日本武道館で行われるワールドプレミアに参加することも決定した。悟空とブロリーの戦いに負けないインパクトを歌で世界に発信する。


    孫悟空を横に気合が入る三浦大知
    no title


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181025-00000005-spnannex-ent

    【三浦大知 劇場版「ドラゴンボール超」主題歌で初の世界進出「本当に幸せ」 】の続きを読む

    このページのトップヘ