作詞・作曲・DTM

    1: 名無しさん 2019/10/09(水) 23:17:04.44 ID:myZq9JoM9
    ストリーミング時代の音楽は「イントロなし」が当たり前? 亀田誠治、KREVAらが語る
    2019年10月08日 J-WAVE NEWS
    https://news.j-wave.fm/news/2019/10/106-kreva-1.html

    「ストリーミング時代の楽曲の特徴」
    no title



    J-WAVEがいま注目するさまざまなトピックをお届けする日曜夜の番組『J-WAVE SELECTION』(ナビゲーター:サッシャ)。10月6日(日)のオンエアは、9月28日・29日に六本木で開催された「J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2019 supported by CHINTAI」(以下、「イノフェス」)を特集。ここでは「IMAGINE THE FUTURE」をテーマに、亀田誠治、AmPm、KREVA、鈴木貴歩によるトークセッションを紹介する。

    ■ストリーミング時代の音楽の特徴とは?

    「音楽制作のイノベーション」について、エンターテック・アクセラレーターの鈴木貴歩が、アメリカの調査をもとにした「ストリーミング時代の楽曲の特徴」を解説した。

    鈴木:今は、イントロが5秒くらいしかないと。

    亀田:ないやつも多い。僕、プレイリストを並べてみて、2018年に好きな曲は洋楽でも邦楽でも半分以上イントロがなかった。

    鈴木:なるほど。まさに、そういうのがストリーミング時代の楽曲。そして曲名が短くなりました。ファレル・ウィリアムス『Happy』とか、わかりやすいですよね。曲名が短くないと、スマホのプレイヤーで流しているときに3単語くらいしか出ないんですよね。スクロールするまで待たなきゃいけない。

    次に挙げたのは「リフレインが突然くる」ということ。これは、リスナーがスキップする前にサビを聴かせるという特徴。3分30秒以上の曲が少なくなっており、覚えてもらえるように同じフレーズを何度も繰り返すなどの特徴も挙げられた。



    ■等身大の歌は時代遅れ?

    亀田は、作曲者に注目してほしいと言う。一曲に関わっている作曲者が複数人いる共作(コライト)が多いのだ。作曲者は基本的にひとりというイメージがあるかもしれないが「それは邦楽だけ」と亀田はこう続ける。

    亀田:日本はほぼひとりの方が作曲しています。これ、本当によく「まだそんなことを言ってるんだ」と思うけど「やっぱりシンガーソングライターが等身大の言葉で歌ってほしいよね」みたいな。この「等身大」と言ってるのはJ-POPのワールドだけで、欧米では等身大であることよりも、いい曲か、みんなで歌える曲か、ということ。そこに重きをおいてる。

    KREVA:別の次元というか、別の評価軸ってこと?

    亀田:そう。ワビサビやメリハリをつけてるために長くなる。でもその分、J-POPには情緒があったり大サビがあったりする。

    KREVA:等身大の情緒。

    亀田:そういうところに重きがおかれていて、それがJ-POPのよさでもあり、特徴にもなってるわけ。

    ところが、ストリーミング時代の現在、開始5秒で曲が判断される「5秒世代」と言われており、スマホ世代の音楽の聴き方は、これまでと大きく変わっている。ストリーミングサービスは30秒以上を聴かれないとカウントされないため、ミュージシャンたちはなんとか30秒を聴かせることにエネルギーを注ぐことになっている、と鈴木は話す。

    亀田はここ数年、ロサンゼルスに行き、曲の共作作業に参加。狭い部屋にプロデューサー、トラックメイカー、歌詞を考えながらメロディを考えるトップライナーなどが集まって話し合いが行われたと振り返る。

    亀田:たとえば「テイラー・スウィフトがこういう曲を集めているから、そこのコンペに向かって曲を書こう」とか。曲の行き先がもう見えてるわけですよ。そこに向かって、数々のプロデューサー、ミュージシャン、作曲家たちが垣根を超えて、ひとつの部屋に集まって曲を作り上げていく。

    この作業では、いかに瞬発力でエネルギーのある曲を作れるかが求められると亀田は言う。AmPmも楽曲制作は共作がメインだが、ストリーミング時代に合わせた作り方ではなく「いま作りたいものをそこに集まったメンバーで進行するという感じです」と明かした。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【ストリーミング時代の音楽は『イントロなし』が当たり前? 亀田誠治・KREVAらが語る 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/10/07(月) 18:36:15.59 ID:BgX6rEGQ9
    消費増税の影響が音楽にも出ている。ロックバンド「ヤバイTシャツ屋さん」は10月6日、ツイッターで増税に伴う歌詞の変更を発表した。

    当該楽曲は『喜志駅周辺なんもない』。「2019年10月1日からの増税に伴い、二度目の一部歌詞の変更を行います」と投稿した。

    ■喜志駅→天王寺の運賃、2014年390円→2019年410円に値上がりし、歌詞に反映

    同バンドは2012年に結成。休止と再開を繰り返しながら現在も活動している。その間、2014年4月、2019年10月と2度の増税を経験している。

    『喜志駅周辺なんもない』では、近鉄長野線喜志駅(大阪府富田林市)から天王寺までの運賃が歌詞に出てくる(正確には同線大阪阿部野橋駅までの運賃で、同駅は天王寺駅まで徒歩約1分に位置する)。近鉄は増税に伴い運賃を改定しており、同バンドはツイッターで、

    「2014年3月まで:天王寺まで390円はイタい
    2019年9月まで:天王寺まで400円はイタい
    2019年10月から:天王寺まで410円はイタい」


    とツイートした。

    コメント欄には「値上がりする歌詞」「増税に対応してくタイプのバンド」など称賛の声が相次いだ。一方で、同バンド楽曲『週10ですき家』で300円あれば牛丼が食べられる旨が歌われていることから「すき家の牛丼並も100円3枚じゃ買えなくなってますよ」など指摘する声も寄せられている。

    2000年代前半、牛丼の価格競争が白熱化し、チェーンによっては300円以下で提供されていた時期もあった。すき家も牛丼並盛を300円以下で提供していたが、2015年4月に290円から350円に引き上げ。現在も350円で提供している。すき家では現在、ミニは290円なので、300円で牛丼が食べられないこともないが、こちらの歌詞も時代にそぐわなくなっていきそうだ。

    キャリコネ編集部2019.10.7
    https://news.careerconnection.jp/?p=79723
    no title

    【【増税】ロックバンドの歌詞にも影響がwww『増税に伴い、二度目の歌詞の変更を行います』】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/09/29(日) 22:31:03.668 ID:aVcvdELg0NIKU
    素人DTMrだけどメロディー、コードの組み方について詳しくなりたい

    スケールと三和音と主音・属音・下属音・導音は理解できた

    あとはコードのレパートリー増やすのと
    和声法と対位法学べば良い?
    他になんかもっと調べたら良いことあったら教えてくエロください

    【音楽理論上級者おる?】の続きを読む

    このページのトップヘ