ジャニーズ

    1: 名無しさん 2019/10/10(木) 08:35:26.77 ID:qsnYQAgE9
     舞台に立つ華奢な女性が自由自在にフルートを操る。体つきに似合わない力強い音色がドラマティックで抑揚のあるメロディーを奏でた。その澄んだ音は会場の隅々まで響き渡り、観客を魅了した。

    「彼女の音の深みは、ほかの学生とはレベルが違います。まさに圧巻の演奏でした」(観客の1人)

     演奏曲は、著名なドイツ人作曲家、アントン・ベルンハルト・フュルステナウの『24の練習曲』。巧みな演奏テクニックを必要とする、フルート奏者の間では有名な練習曲だ。それを、堂々と演奏していたのは、
    木村拓哉(46才)と工藤静香(49才)の長女(18才)。

     この日長女は、第73回全日本学生音楽コンクール東京大会予選に出場。フルート部門の高校の部を勝ち抜き、10月16日に開催される東京大会本選への出場を決めた。本選へ進めるのは、応募した66人中21人だけという難関だ。

    「このコンクールは、音楽を志す誰もがあこがれる登竜門でもあります。第1回は1947年に開催された歴史あるコンクールで、毎日新聞社が主催していることから毎コンとも呼ばれます。この権威ある大会で
    入賞することは、大きな名誉です」(音楽関係者)

     今年の地区本選は北海道・東京・名古屋・大阪・北九州で行われ、地区本選を勝ち抜いたごくわずかな人だけが、11月下旬に横浜で開かれる全国大会に出場できる。

    「本選での課題曲には、音楽大学の学生でも弾きこなすのに苦労するような、さらに難易度の高い曲が指定されています。本選出場が決まった人は、今頃猛レッスン中でしょう。

     フルートは優雅なイメージがあるかもしれませんが、体力をとても必要とします。全国レベルとなると、食事を含めた生活面で、家族のしっかりしたサポートを受けている子ばかりです」(前出・音楽関係者)

     長女は、この地区予選に先立って行われた別のコンクールでもその実力を認められていた。8月末に開催された『日本奏楽コンクール』では、管楽器部門高校の部で、見事1位に輝いたのだ。

    「このコンクールは歴史は浅いですが、参加者は全国から集まっていてレベルが高い。さらにピアノや声楽などの全部門、幼児から社会人まで全年齢から決めるグランプリは『該当者なし』でしたが、準グランプリに
    木村さんの長女が選ばれています。実質、高校日本一といえます」(前出・音楽関係者)

    ※女性セブン2019年10月24日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191010-00000004-pseven-ent

    【木村拓哉&工藤静香の長女、フルート高校"実質"日本一の腕前!! 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/10/09(水) 18:25:31.33 ID:hHvxIQa69
     人気グループ・嵐が9日、YouTubeの公式チャンネルを開設し、サブスクリプション型(定額制)ストリーミング配信も解禁した。

     この日解禁となったのは、デビュー曲「A・RA・SHI」をはじめ、「Love so sweet」「Happiness」「truth」「Monster」の5曲。
    YouTubeでは
    ミュージックビデオのフルサイズ公開が始まり、Apple Music、Spotifyなどで音源の配信もスタートした。

     SNSは
    「ついに嵐がYouTubeに…!」
    「嵐まじ?」
    「嵐がYouTubeの時代か~」
    「YouTubeに嵐って何事ですか!?」

    「嵐がチャンネル開設してて腰抜かしてる」
    と驚きと歓喜の声であふれ、海外のファンの喜びのコメントも多数投稿されている。


    オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191009-00000372-oric-ent

    ARASHI
    https://youtube.com/channel/UCP7Gw_YZAuh4Yg2fcdcuumQ

    【"嵐"がYouTube&サブスク解禁!!『A・RA・SHI』など5曲の音源&MV公開!! 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/10/01(火) 12:14:51.42 ID:wbqBLs2r9
    https://mdpr.jp/news/detail/1877458
    2019.10.01

    9月30日をもってジャニーズ事務所を退所した元関ジャニ∞の錦戸亮が10月1日、公式TwitterとInstagramを開設した。

    錦戸はTwitterにて「START!!」というコメントとともに自身のサイトのURLを公開。オフィシャルサイトには、「Point of Departure」と題された動画も公開され、YouTubeも開設している。

    その後、Instagramにて大自然の中で満面の笑みを見せる自らの写真とともに「10/1 この日の為に色々準備しなきゃなって考えてました。出来る限りの事はしたつもりです。予想外のことも沢山あるでしょうが、楽しく笑って超えていきたいと思います」と自身の想いや決意の言葉を語った。

    また、この投稿の最後には「#増税」というハッシュタグをつけ、錦戸らしいお茶目な一面も見せている。

    関ジャニ∞は2005年に内博貴、2018年に渋谷すばるがそれぞれ脱退している。(modelpress編集部)

    Point of Departure
    https://youtu.be/3ERPiwjrxY0



    https://twitter.com/RyoNishikido_JP
    no title


    no title

    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【元関ジャニ”錦戸亮” ソロ活動始動!! 公式Twitter・Instagram・YouTube開設『楽しく笑って超えていきたい』】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/09/29(日) 17:07:26.44 ID:4tYgb8ax9
     俳優・木村拓哉が出演する動画配信サービス「GYAO!」の番組『木村さ~~ん!』第61回が29日、TOKYO FM『木村拓哉 Flow supported by GYAO!』(毎週日曜 前11:30~11:55)放送終了後の
    正午から配信された。ラジオで発表された木村の音楽プロジェクト始動に関する詳細が明らかになった。

     番組冒頭では『Flow』で、木村が「ここでですね、リスナーのみなさんにお知らせしたいことがあります。これはちょっとサラッと言っちゃおうかなと思うんですけど、2020年1月、アルバム出しますー。
    はい、以上です。終わりでーす」と報告した様子を紹介。


     今回の音楽プロジェクト始動にあたって、楽曲を提供するアーティストが発表されることになったが、木村は「すごくいろんな楽曲があって、提供していただいたアーティストの方のカラーを、自分なりに消化して
    レコーディングしています」とコメントした。

     LOVE PSYCHEDELICO、【Alexandros】といったアーティストが挙がる中、木村は「あと、ばっちに歌詞を書いてもらって」とB’zの稲葉浩志も参加していると告白。さらに、森山直太朗、槇原敬之、
    いきものがかりの水野良樹、Uru、Corneliusといった豪華なアーティスト陣が楽曲を提供することが明かされた。


    ■『木村さ~~ん!』#61
    9月29日正午より「GYAO!」にて配信開始
    視聴URL:https://gyao.onelink.me/AeWv/9f664542

    オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190929-00000320-oric-ent

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1569726983/

    【”木村拓哉”が音楽プロジェクト始動!! B’z稲葉・槇原敬之・ALEXANDROS らが楽曲提供!!】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/09/29(日) 01:57:37.66 ID:ZTeBUYY29
    TOKIOのリーダー・城島茂(48)が28日、東京・テレビ朝日で、タレントの菊池梨沙(24)との結婚発表会見を実施。現在、実質的に音楽活動を休止しているTOKIOの今後について語った。

    【写真】
    no title


     TOKIOは昨年5月、ベースとボーカルを担当していた山口達也氏(47)が退所したことで、音楽活動の継続が困難に。24年連続で出場していたNHK紅白歌合戦にも出場しなかった。

     解散説なども流れていることについて、城島は「物事、始まりあれば終わりがありますけど、終わるのは簡単なんですよね。やはり続けていくことは大変な部分がある」と発言。「自分たちの意志で、頑張っていこうと。これからも30年40年、頑張っていきたいなと、自分を奮い立たせるためにも思っています」と言い切った。

     続けて「いいときもあれば、悪いときもある。それを乗り越えてきたのがTOKIO。こういう日々の中で、どんな音を次に紡いでいけるか。それが今後のTOKIOのテーマなんだろうなと」と思いを吐露。音楽プロデューサーを務める長瀬智也(40)とも話し合いを持ったといい、「彼の中では、『絵』はあると思います」と、音楽活動再開のメドが立ちつつあることも示唆した。

     具体的な時期については明言しなかったが、「『こういうことを伝えたい』という思いがメロディーに、詩になって、自然と生まれてくると思っているんですけど、そういう話をメンバーとたまにする」と状況を説明。「僕らはデビュー時のキャッチフレーズで『伊達に待たせたわけじゃない』というコピーがありました。またその言葉引っさげて、バーンと出られるように、目下腕を磨いているところです」と、笑顔で意欲を示した。


    9/28(土) 17:41配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190928-00000102-dal-ent

    【"城島茂" 結婚会見でTOKIOの『解散説』を語る…】の続きを読む

    このページのトップヘ