宇多田ヒカル

    1: 名無しさん 2019/11/28(木) 05:11:41.83 ID:UFANNsmR9
    11/27(水) 19:23 ねとらぼ
    宇多田ヒカル、20歳当時の歌唱動画にタジタジ&そっ閉じ 天性の歌声には絶賛コメント殺到
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191127-00000089-it_nlab-ent

    宇多田ヒカル - 「少年時代」(DVD『20代はイケイケ!』より) [ Hikaru Utada]
    https://www.youtube.com/watch?v=sD1irjGnnbY




     歌手の宇多田ヒカルさんが11月27日にTwitterを更新。20歳当時に井上陽水さんの「少年時代」をカバーした動画がYouTubeチャンネルで公開されたことを受けて、「恥ずかし過ぎて途中でそっと閉じました」と照れ臭そうにコメントしています。とはいえ当時の歌声も最高だな……。

     井上さんのデビュー50周年にリリースされる「井上陽水トリビュート」に「少年時代」のカバーで参加している宇多田さん。これを記念して宇多田さんのYouTubeチャンネルでは、20歳の誕生日である2003年1月19日に行われたイベント「20代はイケイケ!」から、まだ初々しさも残る宇多田さんが同曲を歌う動画が無料公開されました。

     当時はすでに日本を代表する若き歌姫としてヒット曲を連発していた時期で、その歌声の魅力は言わずもがな。それでも宇多田さんは、「恐るおそる観てみたけど恥ずかし過ぎて途中でそっと閉じました」と若かりし自分の姿に恥ずかしくてたまらなくなったようです。宇多田さんでも昔の自分は恥ずかしいんだ。

     ファンからは、
    「20歳の時の歌声もめちゃくちゃいいよ」
    「天才としか言いようがない!」
    「歌い出しで鳥肌立って魅了された!」
    「声を聞くだけで泣きそうになる」
    など色あせることのない天性の歌声に絶賛の声が多くあがった他、


    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【宇多田ヒカルさん、20歳当時の『少年時代』歌唱動画にタジタジ&そっ閉じwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/05/24(金) 05:06:54.51 ID:efkN2KKs9
    宇多田ヒカル 過剰運動症候群を告白「あ、病気とかじゃないよ」
    [ 2019年5月23日 11:17 ]
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/05/23/kiji/20190523s00041000166000c.html

    歌手の宇多田ヒカルPhoto By スポニチ
    no title



     シンガー・ソングライターの宇多田ヒカル(36)が23日、自身のツイッターを更新。「過剰運動症候群」と診断されたことを告白した。

     「よく筋肉痛めるなあと思って整骨院行ったら見事な過剰運動症候群だって言われた」と明かした宇多田。
    「なんで36になるまで気づかなかったんや…」と嘆きつつ、「子供の頃からやたら体柔らかくて筋肉痛めやすい人はこれの可能性高いかも」と続けた。

     すぐに「あ、病気とかじゃないよ!ただ関節が普通より柔らかいってだけね」と補足し、ファンを安心させた。

    (おわり)

    【【宇多田ヒカル】過剰運動症候群を告白】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/12/10(月) 00:24:57.07 ID:CAP_USER9
    宇多田ヒカル(35)が9日、千葉・幕張メッセで、12年ぶりのコンサートツアーの千秋楽公演を開催した。
    この日はデビュー20周年の記念日で、
    父で音楽プロデューサーの宇多田照実氏(70)と母の歌手藤圭子さん(享年62)への感謝を、自らの言葉で伝えた。アニバーサリーをファン
    1万4000人から祝福された。

    宇多田は冒頭の4曲を歌い終えると、
    「こんばんは。あの、今日、その、デビュー20周年記念日なんですけど…。恥ずかしい」
    と照れ笑いした。
    「そんな日を、こんなふうに過ごせて。本当は誕生日とか祝ってもらったり、会の主役みたいになるのすごい苦手なんだけど、これは素直に喜んでおきます! ありがとう」
    と感謝した。

    「ヒッキー!」「おめでとう~!」と約40秒間、拍手と歓声を浴びると、かみしめるように会場を見渡し、涙ぐんだ。「冒頭から、そんなに泣かせに
    来ないでね。メークが崩れちゃうよ」と言い、笑いを誘った。

    この日のライブは、デビュー初期の曲から、今年6月リリースのアルバム「初恋」収録曲まで、20年間をちりばめた構成だった。アンコールでデビュー曲
    「Automatic」を歌い終えると、語り出した。「せっかくこんな場だし。私が、ありがとうって言いたい人たちが2人いるんだけど」と前置きし、
    「私を生んで育ててくれた母親と父親に、ありがとうって言いたい」と続け、大きな拍手を浴びた。

    「人としてはもちろんだけど、ミュージシャンとしても、母親の音楽に対する情熱と、私の才能を周りに言って信じてくれた気持ちがなかったら、
    こういう仕事に就こうと思わなかったと思うし。父親がマネジメントをずっとやってくれて、よく会うんだけど、面と向かってだとなかなか
    照れくさくて言えなくて。ちょっとぜいたくだけど、この場を借りて、20年間ここまで来られてありがとう、と言わせてください」

    「はい、以上です」と照れくさそうに笑うと、大歓声があがり、会場は温かい拍手で包まれた。

    15歳だった98年、シングル「Automatic」で鮮烈デビュー。「学校の帰りに友達とCD屋さんに行って、友達が視聴したりして」と当時を振り返った。
    「でも、(オリコン)1位にならなかったんだよね。『だんご3兄弟』が強くてずっと1位だった。すごい悔しかった、正直」とおどけた上で、
    「母親の三十何週連続1位っていうのは本当にすごいんだな、って思いました」と話した。初アルバムと2枚目アルバムで37週連続1位を記録した
    藤さんに敬意を表した。

    ライブ冒頭で「みんな、待たせてごめんね」とあいさつしていた宇多田は、「いつもは目が悪いんだけど、今日はコンタクトをしてきました」と
    明かした。

    「私って、ライブをすることが少ないじゃない? でも、今回こうしてツアーをまわって、やっぱりこういう機会って大事だと思った。だって、
    こういうことがないと、みんなの顔を見る機会がないから。みんなの顔をもっと見せてください」。

    来年1月18日には新曲「Face My Fears」のリリースも控えており、21年目も歌声でファンを魅了していきそうだ。

    日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201812090000820_m.html?mode=all
    no title

    no title

    【宇多田ヒカル20周年記念にツアー完走! 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/11/25(日) 05:03:20.35 ID:CAP_USER9
    RBB TODAY / 2018年11月24日 16時9分
    宇多田ヒカル、「わけわからない」ライブMC思い出し「悶絶している 」

     歌手の宇多田ヒカルが23日、自身のTwitterを更新。同日のライブMCを思い出し「悶絶している 」していることを明かした。

     宇多田は国内ツアー「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018」を実施しており、この日は愛知・日本ガイシホールでライブを開催した。

     ライブ後の23日深夜、Twitterを更新した宇多田は「名古屋2日目の今日、本番の少し前に深海魚の生態に関するすごく面白い記事を見つけてしまって没頭して読んで頭が深海の不思議でいっぱいだったせいか、MCが今までで一番わけわからない素過ぎるMCだった……」と深海魚に魅せられ、MCで“素”が出過ぎていたと振り返り、「思い出して悶絶している 」とつづった。

     ライブを見たファンからは「MC何喋ったらいいんかなって悩んでるような顔がかわいかったです」「パッションのこもった歌と素のMCのギャップがとても心地よかったです」とMCへの感想コメントが多数届いており、(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    宇多田ヒカル(c)Getty Images
    no title


    https://www.rbbtoday.com/article/2018/11/24/165418.html

    【宇多田ヒカル、わけわからないライブMC思い出し「悶絶している 」 】の続きを読む

    このページのトップヘ