アーティスト全般

    1: 音もだち|ω・`) 2020/01/24(金) 18:22:09.78 ID:LdVnWIkv9
    ロックバンド[ALEXANDROS](アレキサンドロス)のドラムス庄村聡泰が、5月のベストアルバム発売をもってバンドから“勇退”することが公式サイトで24日、発表された。

    所属事務所UKPMは「『局所性ジストニ』」のため、昨年6月よりライブ活動をお休みさせていただいておりましたドラムス庄村聡泰が2020年5月のベストアルバムのリリースを最後に[Alexandros]を勇退することとなりました」と発表。
    「医師と相談の上、制限された中で活動を行っていく所存でしたが活動を継続していくことが困難な状況が続いており、[Alexandros]メンバー・スタッフで何度も話し合った結果、最終的に本人の意思を尊重し、このような決断をいたしました」と経緯を説明した。


    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    1/24(金) 14:31配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200124-01240288-nksports-ent

    【Alexandrosのドラム、脱退ではなく勇退】の続きを読む

    1: 音もだち|ω・`) 2020/01/18(土) 22:03:34.33 ID:m6UI+gfud
    素人「さくらんぼ」
    厨二病「黒毛和牛上塩タン焼き640円」
    インキャ「プラネタリウム」
    ヨウキャ「smily」
    ガ〇ジ「peach」
    ワイ「フレンジャー」

    【大塚愛で一番好きな曲は?素人『さくらんぼ』】の続きを読む

    1: 音もだち|ω・`) 2020/01/23(木) 20:18:46.13 ID:xYbrkhMG9
    エアロスミスのドラマー、ジョーイ・クレイマーがメンバーを提訴(Photo by Robb Cohen/Invision/AP/Shutterstock)

    エアロスミスのドラマー、ジョーイ・クレイマーはメンバーからバンド復帰を不当に拒まれたと主張し、バンドを提訴した。

    (中略)

    クレイマーによると、2019年の秋にドラマーとして復帰する準備ができたことをメンバーに伝えたあと、メンバーはどうしてもと言ってクレイマーにオーディションを受けさせた。メンバーはクレイマーをバンドのリハーサルに参加させるどころか、クリックトラックに合わせてひとりでドラムを叩かせ、録音したのだ。

    訴訟内容によると、クレイマーは「バンドにふさわしいレベルで演奏できる」ことを証明するようメンバーから言われた。だが、クレイマー以外のメンバーが怪我で離脱していたときも、エアロスミスの歴史において「バンドにふさわしいレベル」という基準が引き合いに出された例はない。さらにクレイマーの訴訟内容は、復帰を望むメンバーに「実演を通じて実力を証明させる、あるいは一時的な身体障害期間後にパフォーマンスできることを証明させる」ことを要求する条項はエアロスミスのバンド契約に設けられていない、と指摘している。

    「ジョーイ・クレイマーは我々の兄弟であり、彼の幸せは我々にとって何よりも大切です。しかし、クレイマー本人が認めたように、この半年間、クレイマーは精神面と身体面の両方においてバンドとともに演奏できる状態ではありませんでした」とエアロスミスは代理人を通じてコメントを発表した。「我々はクレイマーとともに演奏できないことを寂しく思っていますし、何度も復帰を促しましたが、クレイマー本人はまだ準備ができていないと考えていたようです」

    訴訟内容によると、「状況を打開するため」最終的に折れたのはクレイマーだった。そして代理ドラマーのジョン・ダグラスに2019年の残りのレジデンシー公演の座を譲った(クレイマーは、ダグラスに給料を払わなければならなかった。バンド契約によってエアロスミスの全メンバーは離脱中もライブ収入全額が保証されているが、代理メンバーの給料は離脱者が負担することになっている)。


    1/23(木) 18:15配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200123-00032998-rolling-ent
    https://i.imgur.com/v1O4Msx.jpg

    【エアロスミスのドラマー、復帰オーディション落ちバンドを提訴…】の続きを読む

    1: 音もだち|ω・`) 2020/01/22(水) 00:18:49.91 ID:RCQE0F9m9
    とんねるずとその別名義のグループによるポニーキャニオン時代の全189曲が、各主要サイトで本日1月22日に配信開始された。

    その189曲とは、1986年発売のシングル「やぶさかでない」をはじめ、「情けねえ」「ガラガラヘビがやってくる」「一番偉い人へ」といったポニーキャニオンが権利を有する音源。約11年の間に発売されたシングル20作、アルバム15作に収録されていたもので、これまで音楽配信されていなかった。

    別名義のグループは「Little Kiss」(工藤静香、石橋貴明)、「憲三郎&ジョージ山本」(木梨憲武、山本譲二)、「ANDY'S」(石橋貴明、定岡正二、デビット伊東)など。アナログレコード時代らしい企画の「御年賀」に収録されたCD未収録の音源も配信されている。

    1/22(水) 0:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200122-00000000-natalieo-ent

    【とんねるず、ポニーキャニオン時代の全189曲配信開始!】の続きを読む

    このページのトップヘ