1: 名無しさん 2019/12/12(木) 16:15:26.86 ID:yp6BVeHa9
『KinKi Kids』の最新シングル『光の気配』が12月4日に発売され、初週売り上げ17万2000枚を記録。

『オリコン週間シングルランキング』(集計期間:12月2日~8日)で初登場1位を獲得した。KinKiは、これで〝デビューからのシングル連続1位獲得曲〟を41作連続に更新した。

ネット上では、

《おお、これはすごいな。KinKiの人気衰えないなー》
《めちゃめちゃ売れてるじゃん。ファンも息長いな》
《ジャニーズ人気すげぇな。今どき17万枚も売れるのか》


などと、驚きの声が上がった。

しかし、一方では、

《え、まだファンいるの? 全然テレビに出てないじゃん》
《どうせCD買ってるのはジャニオタだけだろ。世間的には全く誰も知らない》
《誰も聴いたことがないのに1位って何だよw》


など、疑問の声が殺到している。

今やかつての勢いはないが…
「ジャニーズ事務所初のデュオとして1993年に活動を開始したKinKiですが、当初からプロデューサーに山下達郎や吉田拓郎らを起用するなど、楽曲のレベルはかなり高いと評判でした。実際、デビュー以降に発売したシングルはすべて、オリコンで初登場1位を記録。『硝子の少年』『愛されるより愛したい』『全部だきしめて/青の時代』『フラワー』の4作はミリオンセラーを記録し、出荷枚数ではデビュー作から11作連続で100万枚を超えています。連続初登場1位はギネス記録にもなっていますよ」(音楽誌ライター)

確かに、かつてのKinKiは〝ヒットメーカー〟の名を欲しいままにしていたが、最近は2人そろっての活動を見る機会も少なく、次から次へとヒット曲を連発しているようには決して見えない…。

「実は連続1位記録には〝からくり〟があるのです。初登場1位といっても、その週だけですから、実際には1年間で48の曲があることになります。KinKiは根強いファンがいますから、発売日を調整することで1位獲得は比較的容易なのです。最近ではAKBグループ、EXILEグループ、K-POP、その他のジャニーズグループ関連のCD発売日さえ回避すればいいだけですよ」(芸能記者)

最近では女優の観月ありさが28年連続で連ドラ主演が決定し、記録更新が話題になったが、視聴者からは「もはや誰も主演を期待していない」などと、冷ややかな声が上がっていた。

ともに40歳を迎えた堂本光一、堂本剛の2人だが、いいかげん、数字遊びに翻弄されている場合ではないかもしれない。連続1位記録に果たしてどれだけの価値があるのか、疑問に思っているファンも多いに違いない。

http://dailynewsonline.jp/article/2113722/
2019.12.12 10:32 まいじつ

【"KinKi Kids" シングル連続1位に冷めた声…『誰も聴いたことないのにw』】の続きを読む